信用取引の仕組みについて

信用取引には2つの種類があります。1つ目は制度信用取引というもので、証券取引所などの規定により、返済を行う期間などが決められています。返済期間は6ヶ月以内となり、取引が出来る銘柄も各取引所にて決め…

信用取引の種類

信用取引というのは、投資家自身の信用によって証券会社から資金を借り入れ、口座に預けている金額以上の取引を行うことです。信用取引には一般信用取引と制度信用取引の2種類があります。一般信用取引は、投資…

現物取引との違いは?

株などの信用取引は現物取引とは違う点がいろいろあります。まず、一番の違いは取引システムです。現物取引の場合、株の購入資金は当然、すべて客が出すことになります。証券会社の口座に100万円あれば、10…

信用取引の手数料はいくらかかる?

信用取引を始めるにあたり、証券会社の手数料の仕組みを正しく理解する必要があります。一般的に、投資額の数パーセントの手数料の支払いが必要となる証券会社が多いものの、一定の条件を満たす場合に手数料無料…

信用取引のリスク

FX、商品先物取引を問わず、これらの取引は証拠金を納め、その金額に応じてその数倍から数十倍の金額の買い付けもしくは空売りができるのが特徴です。そのような取引方法が確立された理由は、投資対象である通…