信用取引の仕組みについて

信用取引の種類とは?

信用取引には2つの種類があります。1つ目は制度信用取引というもので、証券取引所などの規定により、返済を行う期間などが決められています。返済期間は6ヶ月以内となり、取引が出来る銘柄も各取引所にて決められています。2つ目は一般信用取引です。証券会社により、返済をはじめるまでの期間や諸費用などが決められています。しかし、制度信用取引とは異なり、返済期間は無期限なので決められていません。
一般信用取引については、短期間で人気株主優待銘柄にて、利益を得たいと考えている方におすすめの取引となります。
取引にかかる費用も期間も返済期間も2種類の信用取引は全く異なるということで、自分がどのような取引を行いたいかによって選ぶことになるでしょう。

信用取引における売買の仕組み

信用取引での売買を理解するためには、売建と買建というものを知っておくと良いでしょう。売建とは保証金を担保とし、証券会社から売り付け株券というものを借りて、取引を行います。借りた売りつけ株券を市場で売ることで、利益を得ることに繋がります。買建は保証金を担保とし、証券会社から買い付け代金を借り、自ら株を購入します。その株を市場で売り、証券会社に借りた買い付け代金を返還した分が利益となるのです。
売建のスタイルも買建のスタイルでも、株価の変動により、リスクはあります。どちらにおいても慎重に行うことが大切です。取引デモなどを活用し、実際に体験してみることで、より信用取引の仕組みを理解することが出来るでしょう。