現物取引との違いは?

信用取引口座は審査を受けないと口座を開設することができない

株などの信用取引は現物取引とは違う点がいろいろあります。まず、一番の違いは取引システムです。現物取引の場合、株の購入資金は当然、すべて客が出すことになります。証券会社の口座に100万円あれば、100万円分の株を買うことができますが、200万円分の株を買うことはできません。
しかし、信用取引の場合、客の入金額に基づいて証券会社が間接的に負担します。たとえば、入金額が100万円であればその三倍の300万円分の買いつけが可能になるのです。ただ、その代わり、信用口座を開設する場合は証券会社の審査が必要になります。自己資金が少ないなど、属性によっては口座開設を断られてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

証券会社所有の株を借りて売ることができる

次に空売りができるというのも信用取引の大きな特徴です。たとえば、この会社の株はこれから大きく下がるだろうと考えたとき、現物取引の場合は、その株を買わないようにする、あるいは持っている株をすべて処分することしかできません。しかし、信用取引の場合、買ってもいない株を、証券会社が所有するものを代わりに売却してもらうという方法で売ることができるのです。
仮に、下がると見込んだ株を一万株を売却したことによって100万円の売却益が発生したとします。そのあと、もくろみ通りに株が値下がりし、一万株が10万円で購入できるようになったら、そこで株を買い戻して証券会社に返却します。すると、差し引き90万円を受け取れるわけです。